インフルエンザ発症率が10分の1!超簡単予防法

2011年01月18日 インフルエンザ発症率10分の1!超簡単予防法、歯磨と舌垢掃除?!

「 歯磨 」と「 舌垢(ぜったい)掃除 」?!
NHKが2009年に緊急生放送した 情報番組「ためしてガッテン」で紹介した インフルエンザ予防法です。

概要は次のようなものです。

東京都のある介護施設で 週1回、歯科衛生士が口腔ケアを 実施していたが、
日頃からの 丁寧な歯磨、舌磨を指導したところ、
インフルエンザの発症率が 10分の1に激減したというものです。

その理由は、「インフルエンザ・ウイルスは 気道の粘膜に付いて増えるが、
粘膜には タンパク質の覆い状ものがあり、ウイルスがくっ付かないようになっている。

ところが、ある酵素はそのタンパク質を壊してしまう。
その状態では、ウイルスが入って来ると、そこで大増殖してしまう」

そして、具体的な方法としては、
「タンパク質を壊す酵素は、歯垢、歯石、舌苔(ぜったい)などから 発生している。
よって、口の中を清潔にすることで、酵素ができにくくなり、ウイルスの増殖がしにくくなる。
歯磨!!そして、舌垢(ぜったい)は専用の用具か、古くなった歯ブラシで 磨いて取り除く」
というものです。

なお、インフルエンザウイルスは 主に鼻腔上咽頭で 増殖することから、
鼻洗浄でも、理由は違いますが 同じような効果が 報告されており、
口腔と鼻洗浄の併用で、より高い効果が 期待でくるかもしれません。

超簡単なので試してみる 価値はありそうです。

詳細:
NHK「ためしてガッテン」歯磨と舌垢(ぜったい)掃除!は こちらを参照:     http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20090204

鼻腔洗浄については こちらを参照:
http://allabout.co.jp/r_health/gc/300910/

※上記フォローメールは、表示する年月日の送信内容です。現在の価格・製品詳細と異なる部分があります。
 なお、URLが変わっている場合には、現在のものに書き換えています。